こんにちは、シュンです。


今回は、読者の方から質問をいただきましたので、
それにお答えしていきたいと思います。



【質問】

大学4年生の文系男子です。

先日、ゼミの教授から、
「あがり症では、社会に出てから通用しないよ!」と言われました。

私は、プレゼンがめちゃくちゃ苦手で、
人前で発表をしたりすると、すごくあがります。

私は、企業に、一般職として就職したいと考えています。
でも、一般職でもプレゼンなどしないといけないのでしょうか?

また、いろんな人から、
「人前で話もできないんじゃ、仕事で使い物にならない」とも、
言われました。

私自身、本当に役立たずでプレゼンすらできないのなら、
仕事も何にも、できないんじゃないかなって、思ってしまいます。

どうしたらいいんでしょうか?


プレゼンテーション


【回答】

大学4年生で、就職間近と言うことですね。


たしかに、あがり症だと、会社に入ってから、
いろいろな面で大変なんじゃないかと、ご心配なのも無理はありません。

ぼくも、あがり症のせいで、1つの会社を辞めた口ですから。

ただ、あがり症は克服することは可能ですので、
就職前の今の段階から、あがり症を克服するための知識を増やし、
トレーニングを積んでいけば、大丈夫だと思いますよ。


一般職でもプレゼンをしなければならないかどうかについては、
就職される会社によってまちまちですので、
一概に、こうだとは言い切れません。

また、プレゼンをしなければならないかどうかで、
自分の一生を左右する就職先を決めようとするのは、
根本的に間違っています。

それは、単に、自分があがるという恐怖から逃げているに過ぎないからです。

また、自分のことを「本当に役立たず」と卑下するのは、
よした方がいいですよ。

やはり、自分に対する自信のなさが、
あがり症を起こす引き金になるからです。


あがり症は必ず克服できます。


あとは、自分で、あがり症を克服するために、
努力できるかです。

がんばって行きましょう。