こんにちは、俊一です。


今回は、いよいよ、あがり症を克服するための方法について、
お話ししたいと思います。


ただ、あがり症を克服するための方法といっても、
いろいろの方法があるため、
一度にお話しするのは、どだい無理な話なんですね。


なので、今回より、一つずつ、
お伝えしていきたいと思います。


また、あがり症の克服方法を早く知りたい、
まとめて知りたいという場合には、
やはり、西村順さんのあがり症克服講座DVDを見ていただくのが、
一番かと思います。


西村順式あがり症克服講座DVDのページを見てみる


さて、あがり症を克服するための方法の一つ目は、
緊張をほぐす方法を知るということです。


あがり症の症状は、いずれも、緊張状態から来る身体的な反応です。

ですので、まずは、
自分なりの緊張状態をほぐす方法を知るということが、
とても重要になってきます。


緊張状態をほぐす方法にも、数多くの方法がありますが、
今回は、自己催眠を利用した方法について、
取り上げたいと思います。


催眠状態を利用した精神療法の一つに、
「自律訓練法」というのがあります。

今回、お伝えするのは、この「自律訓練法」の一部を拝借して、
緊張状態を和らげる方法となります。


「自律訓練法」は、1932年に、
ドイツの精神科医であるシュルツ(Schultz,J.H.)によって
開発された自己催眠を使った精神療法です。

自分自身で催眠状態を作り出すこと(つまり、自己催眠)により、
心も体もリラックスすることができ、緊張やストレスを和らげるのに、
非常に効果的なんですね。



やり方としては、次の通りです。


1.イスに腰掛けるか、仰向けに寝るか、します。
2.目を閉じて、深呼吸3~4回をします。

3.自分にとって一番リラックスできる状態を
頭の中でイメージします。
例えば、お風呂の中にゆったりと浸かっている状態や
穏やかな日差しを浴びて、芝生の上でくつろいでいる状態など。

リラックス

4.そのようなイメージをしながら、
「気持ちが落ち着いている。気持ちが落ち着いている」と、
心の中で繰り返しつぶやきます。

5.気持ちが落ち着いてきたら、右手に意識を向けて、
「右手が重たい。右手が重たい。」と心の中で繰り返しつぶやきます。
6.右手が重たいと感じるようになったら、左手に意識を向けて、
「左手が重たい。左手が重たい。」と心の中で繰り返しつぶやきます。
7.左手が重たいと感じるようになったら、今度は、両手に意識を向けて、
「両手が重たい。両手が重たい。」と心の中で繰り返しつぶやきます。


8.両手が重たいと感じるようになったら、今度は、右足に意識を向けて、
「右足が重たい。右足が重たい。」と心の中で繰り返しつぶやきます。
9.右足が重たいと感じるようになったら、左足に意識を向けて、
「左足が重たい。左足が重たい。」と心の中で繰り返しつぶやきます。
10.左足が重たいと感じるようになったら、両足に意識を向けて、
「両足が重たい。両足が重たい。」と心の中で繰り返しつぶやきます。

11.両足が重たいと感じるようになったら、今度は、両手,両足に意識を向けて、
「両手,両足が重たい。両手,両足が重たい。」と心の中で繰り返しつぶやきます。
12.両手,両足が重たいと感じるようになったら、
先ほどのリラックスしたイメージを頭に描きながら、
しばらく、その感覚を楽しみます。


13.自己催眠から覚めるために、次の手順を踏んでから、目覚めるようにします。
心の中で数を静かに数えていきます。
「ひとーつ。ゆったりと落ち着いた状態がからだの中に広がっていく」
「ふたーつ。やる気と自信がからだ中にみなぎってくる」
「みっーつ。頭の中がスッキリしてくる」」
「よっーつ。目のあたりが明るくなり、さわやかな感じで目覚める」
「いつーつ。」
両手,両足をゆっくりと曲げ伸ばし、
肩や首をゆっくりと回し、
静かに目を開けます。



時間のあるときに、この方法、1日2回ほどやっていくと、
徐々に、心と体の緊張感がとれるようになり、
あがりにくい体質になっていきます。


よかったら、試してみてくださいね。