こんにちは、シュンです。


今回は、あがり症の具体的な症状について
お話ししたいと思います。


あがったときに、自分がどのような症状が出やすいのかを
予め、把握しておくことも、
あがり症を克服する上で重要な一歩だからです。


前回もお話ししたとおり、
「あがり」は、ストレスに対し、
心身の防衛本能が働くことによって、
引き起こされる現象です。


その症状としては、次のようなものが挙げられます。

・手足が震える
人前で文字を書こうとして手が震えたり、
人前で話そうとして、足が震えたりする症状です。


・声が震える
人前で話そうとして、声がうわずったり、どもったりする症状ですね。


・顔が赤くなる(赤面)
人と面と向かって話す際、頭に血が上り、
顔が赤くなる症状です。
ぼくも、まさに、これで苦しみました。

・顔が硬直する
人と会っているとき、表情がぎこちなくなったり、
自然に笑えず、笑顔が引きつったりする症状ですね。


・汗をかく
人前に出たときに、ワキや額や背中に
冷や汗をかいたりする症状です。


・心臓がドキドキする(動悸)
人前で話をしなければいけないときなど、
その瞬間が近づくにつれて、心臓のドキドキが激しくなる症状です。


・口が渇く
これから話さないといけないときに、
口の中が乾いたり、粘ついたりする症状です。


・呼吸が浅くせわしない
人と話をしているとき、知らない間に、
呼吸が浅くなり、息苦しくなるため、
呼吸がせわしなくなる症状です。

・食事がのどを通らない
例えば、結構披露宴でスピーチを頼まれている場合、
目の前の食事を食べたくても、のどを通らないなどの症状です。


・尿が近い
人前で話をしなければならない場合に、
トイレに行ったばかりなのに、
また、トイレに行きたくなったりする症状です。


・頭の中が真っ白になる
スピーチをしている最中に、
次に話す内容をど忘れしてしまい、
思い出そうとしても、頭の中が真っ白になって、
思い出せないという症状です。


・視線が定まらない
人と話をしていて、相手の目が見られず、
視線が不安定となり、キョロキョロしてしまう症状です。



不安


さらに、あがり症の過度の症状としては、次のような場合もあります。

・声が出なくなる

・めまいがして立ってられない

・呼吸困難や過呼吸になる




以上が、あがり症の具体的な症状となります。




これらの症状には、あがり症でない人にとっても、
普通に起こりうる現象が含まれていますが、
あがり症でない人の場合、それが現象が起きても、
気にも止めないため、普通に過ごすことができます。


しかし、あがり症の人にとっては、自分の過去のネガティブな経験から、
また、これらの症状が起きるのではないかと不安がったり、
あるいは、これらの症状が起きた際に
他人にそのことを知られるのではないかと恐れたり、して,
自分で自分を追い込む傾向があります。



あがり症を克服することができれば、
例え、このような症状が起きたとしても、
普通の人と同じように、
気にも止めず、普通に過ごすことができるようになります。




あがり症は、必ず克服することができます。

諦めず、取り組んでいきましょう。