こんにちは、シュンです。


今回は、あがり症についてお話ししたいと思います。


そもそも、「あがり症」とは何でしょうか?


広辞苑によると、「あがる」とは、
血が頭にのぼる意味から来ていて、
「気持ちがたかぶる。」,「のぼせて落ち着きを失う。」
ということです。


これを踏まえ、「あがり症」とは、
人に見られているとか、人と話さないといけないとか、
人との関係における或る場面において、
緊張や不安や焦りなど、心理的な現象が、
手や声の震え、赤面、冷や汗、動悸など、
身体的な現象を引き起こす状態のことであると、
ぼくは考えます。


まずは、人との何らかの関係が発端になります。

あがり症の人でも、独りでいるときに、
あがりの症状が出るということはほとんどないと思います。

例外的に、過去の自分があがった場面を思い出して、
あがりの症状が出るといったことはあると思いますが、
それ以外は、ちょっと考えられないからです。


次に、そういった人と何らかの関係がある場面で、
人に見られて緊張するとか、
失敗しないか不安であるとか、
話す内容を忘れて焦るとか、
そのようなネガティブな心理状態となります。

そして、その心理状態が、
身体に様々な影響を及ぼすようになります。

身体に生じる現象も、人によって様々であり、
表情がこわばる、やたらとのどが渇くなどの軽いものから、
声が出ない、立ってられない、呼吸できないなどの重いものまで、
あります。


そして、あがり症が悪化していくと、
人と会うのが怖くなり、人付き合いができなくなって、
引きこもりになったりするケースもあります。

ぼくも、一時期、そんな状態に陥ったことがありました。


悩んでいる男性

こういった、あがり症が悪化した状態で病院に行くと、
「社交不安障害」という病気であると診断されるようです。


ただ、ぼくの場合は、精神関係の病院へは行かずじまいだっので、
そのような診断が下された経験はありません。


以上のように、「あがり症」と言っても、
その症状は人によっていろいろなので、
その症状に合わせた対処法を見つける必要があります。




あがり症を克服するための対処法を見てみる